進むべき道!

新型コロナ>マスク、時短、出席制限…感染厳戒、異例の船出 佐賀県内高校で卒業式|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

コロナ禍を境に、世界が変わろうとしています

これを機会に、田舎暮らしを始める人、農業を考える人、現状の世界で打破しようとする人、様々です

私の知り合いのケースで考察したいと思います

飲食関係の経営者の方と話しました

首都圏では、全般的に来客が減り、売上が落ちています

そんな中、官庁などの出前を取り始め、1日300食以上の注文を週に5回採り始めた人がいます

コックコートを着た人が、自ら各部署まで配達し、簡単に内容説明をしながら配っています

有名なレストランなので、当然人気が出ます

今後は、厨房を別に作り、継続していく方向で検討しているようです

コロナをきっかけに、新たな事業展開まで発展しています

医療関係者で、遠隔診察をここ数年進めてきた人がいます

彼は、変わらない医療関係の大きな壁に阻まれ、今年ダメだったら廃業にするつもりでいたところ

コロナで一挙に、拡大しています

全ての世界が、大きく変わろうとしています

困難な時は、考える力必要です

「武士の一分」で、子供が

「父上、何故勉学をしなければならないのですか?米や大根を取るのに役立つのですか?」

浪人の父

「うーん、何のためであろう?きっと困難に有った時に、考えることが出来るのあろう

そんなシーンがあったことを思い出しました

後人に道を作るためにも、皆頑張りましょう

南シナ海では、きな臭いことも起きていますが、今の防衛大臣がしっかり対処してくれています

真っすぐ進んで行きたいと思います

 


雨と共に!

 ピーマン畑、泥はね防止に、畝間にもマルチを張りました

 花は、朝、夜明けと共に、花粉を出します

 この雨で、花粉が飛ばず、額落ち(花弁が落ちる)が多く見られます

 

 熱消毒を施した畝に、ニンジンを播種しました

 今回は、覆土にバーク堆肥、土、もみ殻の3種類を試しています

 今のところ、バークが最も調子が良い!

 長雨の今、人参は絶好のチャンスです

 桃は、水が多いせいか?異常なまでの成長を見せています

 

 トマトも色づきが悪く、遅めですが、いよいよ出荷が始まっています

 今季少し挑戦中の、リスボンレモン

 やっと、葉が伸びてきましたが、頼りないです

 コロナも終息を見せないまま、長雨で農産物がやられています

 花は付けていますが、受粉が上手く行かず、実をつけません

 べと病など細菌類の病気が多発しています

 病気どころか、被災地では、酷い状態で、農業どころではありません

 秋に向けて、植付けなどを始めたいですが、畑に入れない状態が続いています

 本当に地球が怒っているようです

 泣いているようです

 7年前にも同じような天気が続きました

 長雨のあと、7月末に梅雨明け宣言が出て、お盆に大型台風で、全滅したことを憶えています

 同じような感じです

 日照不足で、野菜に元気ありません

 色々、多くの挑戦をしていますが、太陽が出ないとどうしようもない

 今はひたすら待つのみ、出来ることを考え最大限に動くしかないでしょう

 種を撒き、秋作に備えたいと思います

 こういう時に、地力の差が出ます

 今回の事を忘れずに、土づくり、私自身の地力もつけたいと思います

 


 ニンニクの秘密!

 糖度35.7度

 「清華師匠、どうよ!」どや顔の広平

 「たかがニンニク、されどニンニク」

 大きな種なので、土に入れれば大概は芽が出ます

 私たちプロ農家は、そこからが問題です

 画像のように、大量のニンニク畑です

 とうが出てから、2〜3週間位が収穫時期だと言われています

 とう摘みをしてやると、そこから少し肥大するようです

 青森では、とうが出てから3週間目が収穫目安だそうです

 白州では、暑いせいか、割れが発生するため、少し早めに収穫しています

 大きくしたい気持ちと、腹をくくる境目です

 播種時期、肥料、元肥、追肥の時期と量、水、気温に大きく左右されます

 玉ねぎも、肥大期の4月、5月の雨が少なく、全国的に小さめになっているようです

 収穫後の管理が難しいです

 少しなら何とでもなりますが、1万個のニンニクは、スペースも要ります

 収穫後30%の水分を飛ばし、冷蔵保存をします

 乾燥後は日にあてずに、保存すると真っ白で綺麗なニンニクが出来ます

      アジアの国の収穫風景!

 白州FARM今年も、大忙しです(少し本気モードに入っています)

 桃に、レモンに、ホウレン草に、トマトに、ニンニクに、玉ねぎに、アスパラに、

 フェンネルに、ビーツに、ミントに、パセリに、ローズマリーに、マリゴールドに、春菊に

 長芋に、生姜に、ジャガイモに、ピーマンに、茄子に、胡瓜に、スイカに、牛蒡に、ブロッコリーに

 カリフラワーに、スナップエンドウに、人参と来たもんだ!あとニラも忘れてた!


 一挙に夏?

 開心自然形(2本仕立ての2年目の桃)

 今年の桃は順調です

 深く穴を掘り、自家製堆肥をたっぷり入れたせいか、とても大きな樹に育っています

 今年は毛虫が多く、毎日ピンセットで捕殺しています

 初成りの実もつけ、袋掛けしました

 玉ねぎの収穫も始まりました

 大忙しの季節が来ました

 玉ねぎのほ場も、緑肥の効果もあり、かなり改善が出来てきました

 収量で、実感できます

 今年のガーデニングは、おちゃめな稲ちゃんがプロデュース!

 #涼しげな花壇”がテーマ!だそうです

 仲の良い、宮ちゃんと広平!

 いつも、笑い転げています

 寒暖の差が激しく、難しい年ですが、全体的には順調です

 コロナの心配もありますが、とにかく食料不足を起こさない様に

 一生懸命作るしかないです

 雨が少なく、虫が多く感じます

 この後、ハダニも出そうです

 水の確保と、日よけの確保、そして夏の葉物の挑戦!

 今年も、多くの課題を抱えて進めていきます

 多くの友人が、コロナの影響で苦しんでいます

 昔の仲間が、困り果てています

 田舎では、都会で起きていることが実感できません

 恐ろしいくらいに平和です

 売れるかどうか分かりませんが、私達農業者には仕事があります

 自分で仕事が作れます

 東京は本当に大変だと思います

 頑張ろうとしか、言えませんが

 息抜きに、遊びに来てください

 温泉も少しずつ、開き始めています

 少し前まで「山梨来ないで!」と言ってたことを

 変わりに、お詫びします

 「今だけ少し、待っててね!落ち着いたら会いに来てね!」

 宣言で良かった気がします


天候不順!

 高さを改良したスキップシーダー(播種機)

立ったままで、播種できる機械ですが、昔の人に合わせているのか

背が低く、腰が痛くなります

ジョイントで繋ぎ、手持ちできる棒をつけ、カスタマイズしました

世界に一つの’白州スキップ’

 標高1050mのほ場を借りましたが、石が多く、皆で石拾いの合間に

 ハンマーナイフモアの作業を観察

 土が痩せています

 緑肥を撒き、土壌に鋤き込み改良を図ります

 高地での栽培は初めてですが、上手く行くと、夏に葉物が作れます

 緑肥投入、有機物の投入、石拾い

 地力の高い土壌にするまで、少し時間がかかりそうです

 毎年、少しずつ改良していきます

 運動神経の良いヒナは、すぐに操作できるようになりました

 「ゴーカートみたいで、楽しい!」

 新府の桃源郷に視察に行きました

 袋掛けが、5月24日時点で、3割位始まっていました

 お田植えと一緒で、カッコーの鳴き声が合図かな?

 桃の実が、ピンポン玉位で、袋掛けをします

 しっかり観察しましたが、虫がいません

 白州FARMの桃源郷とは大違いです

 毎日、せっせと手で取っています

 こんな立派な樹に出来るか?

 頑張りたいと思います

 今年は、3月は暖かく、4月は非常に寒く

 5月は乱高下です

 植物は、あわてて花を咲かせようと、焦っています

 董立ちを見て、私は焦ります

 栽培が年々、難しくなっています

 干ばつ、大雨、台風、冷夏、猛暑

 どう出るか?

 今から、対策を考えないと!

 


 私の身に起きたこと / This world's dystopia、"Wiggle "

ウイグル族に起きている真実

新彊ウイグル自治区,地理的に多くの国と接し合う

場所に位置し、侵略が繰り返され国としての統治がなされないまま

中国に新彊ウイグル自治区として統治されました

数多くのテロがあり、中国はウイグル族を帰化する行動をとっています

「再教育」キャンプで洗脳が始まっています

宗教面ではイスラムの方が多いので、ジハードも辞さない人が多くいると

思われます

行き過ぎた統治は、虐待となり教育の受けていない

軍隊、警察のやりたい放題です

中国では、軍隊や警察は非常に強く、乱暴です

昔、上海近くのホテルで、軍隊と一緒になったことがありますが

ロビーで酒を飲み、下品に大騒ぎしている団体に遭遇したことがあります

相当に乱暴な集団です

彼らに監視されている再教育施設は恐ろしい状況だと言うことは

容易に想像できます

きっかけは、テロの抑制だと思われますが、今の国際社会では通用しません

一党独裁の悪い面がでます

ウイグル地区は一対一路の要所でもあります

中国の報道を見ていると、全てが内向きな自己中心的な発想での見解が

多いので、共産党が納得のいく、世界が欺瞞に思う発言ばかりです

人民はまともな人も多いのですが、国家が入ると上手く行きません

世界が見ることが、公正な行動をとらせる最大の手段のように思います

真実は、事実にしか存在しません

 

 

 


Sith ホ・オポノモノ !

 モーナ・ナラマク・シメオナ女史

ハワイアン

 ネイティブハワイアンの伝統出来な問題解決や精神の浄化作業を行う

ことを”ホ・オポノモノ”と言われています

行きつけの小淵沢「三郎や」の店主百合子さんに教えてもらいました

モーナ女史によく似ています

とても美味しい料理と皆、百合子さんの話を聞きに行きます

潜在意識(インナーチャイルド)の浄化方法です

ありがとう

ごめんなさい

許してください

愛しています

この4つの言葉で、自分の心(インナーチャイルド)を浄化させ

潜在意識に埋め込まれたマイナスの感情をリセットする方法です

「今目の前で起きていることは、全て100%自分の気持ち(潜在意識)が

現実化したものでる」ことを現実として受け止め

マイナス思考からプラス思考に変えていく方法です

あきらめずに、頑張っているといつか叶う!

 2年目の桃 昨年と比べ、葉芽も多く、多くの葉っぱをつけてくれています

 ありがとう!愛しています!

 虫さん、ごめんなさい!許してください!

 ホ・オポノモノ栽培です!

 

 


この国のかたち!

連合国軍占領下の日本 - Wikipedia

この国のかたちは、戦後、統治国によってかたち作られました

それは、政府に重要な決定権を持たせないように作られたものです

政府の暴走によって、国民を戦争に向かわせないようにするためです

その憲法によって平和な日本が出来上がったのも事実です

しかし、震災や国際的疾病、国防において憲法の枠組みの中で、

緊急性が欠如し、対応がいつも後手に回ります

問題になっているパチンコ店においても「休んでください」とお願いするしか方法が

ありません

震災の際も、邪魔な車両の所有者に連絡を取らないと、緊急車両を走行させることが

出来ません

野党は、非常事態基本法においても、「火事場泥棒だ!」「戦争に加担するのか!」と

無意味な追及をします

自然災害、防衛、疾病、食糧難など人命に多大な影響を及ぼすことが考えられる場合

総理の決断で、緊急行使できるようにしないとこの国が形骸化します

世界が疲弊している、今、覇権を狙う国家もあります

色んなことが、限界に近づいています

今回のウイルスがそれを教えようとしている気がします

民間企業は、皆、大ピンチです

必死で堪えていますが、相当厳しいです

非常事態宣言が解除されたあとの経済はどうなんるんでしょう?

すぐには戻らないだろうから、しっかり引き締めていくしかないでしょう

新たな、ニーズ

新たな市場を創造し、雇用を生み出す

資源、燃料、医療、食、国防の国内化を進めることが、経済を創造し

あらたな雇用を生み出すのではないかと思います

 

 

 

 

 

 


 女子大活躍!

 グラサンで水やりをするひな!

 似合いすぎ!

 スキップシーダーで、ホウレン草の播種をしているジュマ!

 機械の高さが低く、私では腰が痛くなり、ピンチヒッターでジュマにお願い

 長時間していると首が痛くなるらしい!

 夏美が掃除を始めたので、雨が降ってくれました!

 日照りの時は、また頼みたい!

 皆で、キャッチボール!

 ひなもジュマも女とは思えないくらいに、上手い!

 二人とも運動神経が良いので、農作業もスムーズに進みます

 センスがあります

 女子は頭の回転が速いから、色んなことが出来ます

 

 


有機農業研修生を募集します!

カラダにやさしい「オーガニック」とは?基準や選び方を確認しよう ...

           Recruitment of organic farming trainees!

 

令和3年4月〜有機農業研修生を募集します

応募期間令和2年5月1日〜8月31日まで

受入れ機関 農業法人株式会社ワザーリ/白州FARM

研修期間1年以上〜3年

働きながら、有機農業を学び生産者として独立就農を目指す方

健康で、アウトドアの仕事や活動が好きな方

有機農業で食を支える仕事をしたい方

国の支援制度もいくつかあるので、先ずはインターンから始め

農業体験の中で、方向性を決めて行けばよいと思います

私の体験から感じる農業、有機栽培

産地化がまだ残されているJAは強いところもまだまだあります

北海道の人参、ジャガイモ、玉葱等は代表選手です

国の重要産地に指定されているので、農産物の最低保証もあります

他に、長野県川上村のレタス、埼玉県の茄、千葉県のトウモロコシ、ホウレン草、小松菜などが

あります

他産地では、数量的に規模が小さいので、市場に対し影響力はありません

とても、食べて行ける値段は付きません

その部分では、営業面でも改革が必要です

自分で作ったものは、自分で売り切る意識が必要です

JA、市場にその機能、人材はもはや残っていません

資材、肥料の仕入れも同様に、競争力はまったくありません

ホームセンターや専門店で買うほうが、知識も豊富で安いです

仕入れは高く、売るのは安い

これでは、農業者が跡を継がせないのも良く分かります

私達は、農協に頼らず、全て自分たちで営業活動をしています

そんな組織作り、運営も共に関わって頂ければと思います

簡単なようで、難しい

誰でも、出来るわけではありません

強い思いと、体力とチームワークが必要です

リーダーは、ほんの少し前を見つめ、皆の安全を担保する必要もあります

栽培に対する、研究心も重要です

経営者になるには、それなりの覚悟も必要です

自力で登れる体力、気力、技術力が必要です

常に、周りを利用しようとしたり、後ろをついていくだけでは

本当の仲間には、成れません

良いことばかりではありませんが

楽しいことも沢山あります

危機の時は、強い仕事です

自信も湧きます

体験してみたい方は、ご連絡をください

 

    hakushufarm@forest.ocn.ne.jp

 

           西川拝

 

 


| 1/33PAGES | >>

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

白州FARMの無農薬トマト&野菜の販売

自己紹介

最新の記事

カテゴリ

過去の記事

リンク

     

search this site.

others